CYBATHLON ー 人を動かし、技術を進める

Date
October 17, 2018 - 10:00 - October 21, 2018 - 17:00
Location
東京ビッグサイト 東6ホール内 体験・実演エリア
Organizer
経済産業省(METI)と新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)

サイバスロンは、障がい者と先端技術の開発者が
協同して日常生活に必要な動作に挑む、
国際競技大会を軸にした、ユニークな取り組み
です。

今秋、第1回大会で優勝したスイスのチームが、
日本で初めて、電動車いすで階段を
昇り降りするデモを行います!

技術を操縦する『パイロット』と、
技術者のチームに会いに、ぜひ、
ワールドロボットサミット(WRS)にお運びください!

<<予告動画>>

HSR Enhanced Cybathlon

(ETH Zürich/Alessandro Della Bella)

10月17日-21日、スイスから来日するチーム HSR Enhanced が、電動車いすで階段を昇降するデモを、東京ビッグサイトで行います。かなりの迫力です!!

パイロットのフロリアン・ハウザーと、技術者のクリスチアン・ベルメス率いるチームがスイス大使館&マクソンジャパンのブースと、WRSの実演コーナーで、皆さんをお待ちしています。

10月19日14:00~はサイバスロンの競技責任者ルーカス・イエーガーの講演も。
 

‣ 会場:東京ビッグサイト 東6ホール内 体験・実演エリア
‣ 小間番号:E-23/E-33 スイス大使館科学技術部 ※サイバスロン
&マクソンジャパン
‣ 入場来場事前登録はこちら
‣ 会期時間:10:00~17:00

*デモのタイムスケジュール*

11:00 ~ パイロットによるデモンストレーション(階段の昇降)
13:00~ 技術紹介 (車いすについて)
15:00~ パイロットによるデモンストレーション(階段の昇降)

会場へのアクセス
http://www.bigsight.jp/access/transportation/

Tokyo Big Sight Map

 

東京ビッグサイトフロアマップ

会期直前の10月16日(火)午後には「共生社会へのダイアローグ・日本とスイス」ワークショップを開催いたします。詳細とご登録は->こちら<-

お問い合わせ先:
スイス大使館 科学技術部

tok.science@eda.admin.ch
   

ワールドロボットサミットとは?

ワールドロボットサミット(WRS)(会期:10月17日(水)-21日(日)、会場:東京ビッグサイト)は、経済産業省(METI)と新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)が主催する、チャレンジと展示会から成る国家プロジェクト。「Robotics for Happiness」をテーマとするWRSは、ロボットが現実の社会課題を解決していく姿をわかりやすく示します。

サイバスロンとは?

サイバスロンは先端ロボット技術の力を借りた障がいのある人たちのための、国際競技大会を軸としたプロジェクトです。第1回大会が2016年10月にスイスで行われました。次の全6種目の大会は2020年5月にスイスのチューリヒで開催されます。

競技大会だけでなく

サイバスロンでは、競技大会に注目が集まりがちですが、それだけがサイバスロンではありません。

キーワードは「日常生活」。競技の課題も、日々の生活に必要な動作ばかりです。

真に役立つ技術を開発するために、技術者と、(技術を操縦する方という意味で)パイロットとお呼びする障がいのある人たちが共同で開発にあたります。

そして大会を通じて、技術や障がいに接点のない方々にも、興味を持ってもらうことを目指します。そのうえで、障がいのある人たちにとっての日常生活における平等や、社会参画について対話を促します。