swisstech.Pitchinar 2020

swisstech logo

(Click here for English)

スイス大使館は、CEATEC Japan 2020 オンライン展示会の会期中に、スイスのスタートアップや企業をご紹介するswisstech.Pitchinar 2020を開催。今年のテーマ「Society 5.0とニューノーマル」に沿って、スイスの優れたSociety 5.0向けソリューションが揃っています。

各企業の説明と連絡先は以下をご参照ください。

 

 

 

Category 1: スマートシティ

sexureaxis

Securaxisのソリューションは、都市の音を測定・活用することにより、コストを削減しながら運用改善を目指す都市の取り組みを支援し、プライバシーやサステナビリティに関する住民の不安を解消します。音響効果と最新の人工知能やデータサイエンスを組み合わせて、スマートシティに足りない聴覚の要素を補います。Securaxisの音声アナリティクスは、スマートシティでの活用に狙いを定めています。直接的な応用としては、通行量に応じたスマートライティング、交通モニタリングおよびアナリティクス、安全とセキュリティ、野生生物観測などがあります。

連絡先:Mr. Gaetan Vannay, Co-Founder (gvannay@securaxis.com)
URL: www.securaxis.com

 

mb

都市気候システム開発の第一歩は、都市の中に気象センサーのネットワーク(気温、相対湿度、降水量など)を設置することです。meteoblueは都市とその周辺地域でセンサー設置に最適な場所を査定するツールをいくつか開発しました。センサーが設置されると、API、ウェブ、FTP、モバイルアプリなどを通じてリアルタイムで気象データを取得することができます。気象データの品質は管理されており、例えば放射線測定エラーなどについて補正されます。都市の気候変動緩和策を管理するための信頼できる情報を提供するには、このセンサーネットワークがカギとなります。

連絡先:Dr. Karl G. Gutbrod, CEO (karl.gutbrod@meteoblue.com)
URL: www.meteoblue.com

 

yasai

YASAIはスマートシティのための循環経済型垂直農法をサービスとして提供しています。私たちは人と植物と地球の健康やウェルビーイングのために、ローカルで循環型の食品システムを作り出すことを目指しています。

連絡先:Mark Essam Zahran, Co-Founder & CEO (mark@yasai.ch)
URL: www.yasai.ch

 

global id

GLOBAL IDではプライバシーを保証しつつ、複製不可能な3D指静脈生体認証に基づく生体認証システムを開発しました。暗号技術と生体認証の分野における主要なスイスの研究所と世界的に有名な研究所の3者が協力した結果、この革新的な開発が可能となりました。個人情報の盗難、サイバー犯罪、データ盗難といった、ますます高度化する脅威による損害が増加し続けています。コストを管理しながら、改ざん防止策を施した識別ソリューションを利用することが不可欠です。

連絡先:Riccardo de Filippo, Strategy and Sales Development (riccardo.defilippo@global-id.swiss)
URL: www.global-id.swiss/en


 

Category 2: スマートヘルス

urodea

尿閉の患者は適切に排尿することができないため、生活の質に大きく影響します。これまで最もよく行われてきた治療法はカテーテルによる排尿でしたが、尿路感染の主な原因になることが非常に多く見られました。Urodeaの特許出願中の技術は、世界初の尿閉の非侵襲的ソリューションです。弊社の製品は携帯型デバイスで、尿に触れることなくその流れを作って排尿を助けます。

連絡先:Dr. Francesco Clavica, CEO (francesco.clavica@artorg.unibe.ch)
URL: www.urodea.com

 

hi d

世界全体で1.7秒ごとに1人が心血管疾患で亡くなっています。Hi-D Imagingが開発した世界初のAIベースの術前計画ツールを使用することで、医師は患者一人ひとりに合わせた術前計画を立てることができ、心臓手術後の患者の生活の質を改善することができます。

連絡先:Dr. Utku Gülan, Co-Founder & CEO (utkugulan@hidimaging.com)
URL: http://www.hidimaging.com/

 

surgeonslab

脳外科手術には極めて複雑な手順があり、高度な訓練と技能が必要とされます。SurgeonsLabは専門医学実習生や脳神経外科医のために、それぞれの患者の状態に合わせた複雑なマイクロサージェリーの訓練を行える新しい脳外科手術シミュレーターをご紹介します。このシミュレーターは25名のユーザーから実証されており、2021年3月からの市場での商業利用に向けて準備が進んでいます。

連絡先:Mr. Fredrick Johnson Joseph, Founder/CEO (fredrick.joseph@surgeonslab.com)
URL: www.surgeonslab.com


 

Category 3: 人間と機械

wayray

WayRayは、自動車業界などのホログラフィックAR(拡張現実)ソリューションを専門とする会社です。 弊社の製品の主な利点には、広い視野、コンパクトさ、仮想画像が投影される快適な距離などがあります。

連絡先:Mr. Philippe Monnier フィリップ・モニエー, Director 取締役 (monnier@philippemonnier.com)
URL: www.wayray.com

 

avatronics

AVAtronicsは、家庭用電子機器や輸送産業で使用される高性能の広帯域アクティブノイズキャンセリング技術を開発しています。この組み込みソフトウェア(ライセンス事業モデル)は、ヘッドフォン、スマートTV/スピーカー/電話、自動車、電車、航空機に搭載することができ、非常に騒がしい環境でノイズフリーのユーザーエクスペリエンスを提供します。

連絡先:Ms. Jeyran Hezaveh, Co-Founder/CEO (Jeyran.Hezaveh@AVAtronics.com)
URL: www.avatronics.com

 

animatico

Animaticoは、画面の前で人の声を聴き、読み上げをする人間のようなアバターを開発しています。目的は、とくに小売やホスピタリティやスマートシティなどの場面でキオスク端末における人間と機械の交流を一変させることです。私たちのバリュープロポジションは、直観的で魅力的でタッチレスなキャラクターです。

連絡先:Dr. Riccardo Roveri, Co-Founder Animatico (riccardo.roveri@animati.co)
URL: www.animati.co 

 

scandit

Scanditは、ヘルスケア、ロジスティクス、製造、小売など、さまざまな産業のビジネスプロセスを変革するバーコードスキャニングソリューションを専門とする、エンタープライズモビリティとデータキャプチャのリーディングカンパニーです。Scanditはそのソフトウェア技術とクラウドサービスを通じて、企業がスマートフォンやタブレットやウェアラブルデバイス用のモバイルアプリを速やかに構築・配備・管理できるようサポートします。これにより企業は、従来の専用機器よりも低い総コストでソリューションを所有することができます。

連絡先:葉山 久子, マーケティングマネジャー (hisako@scandit.com)
URL: www.scandit.com/jp/


 

Organizers & Sponsors/主催・協賛

organizers and sponsors

 

swisstech campaign

このオンラインイベントは、スイス・グローバル・エンタープライズならびにInnosuisse、digitalswitzerland、スイスネックス・ネットワークといったパートナー機関の支援と協力の下でプレゼンス・スイスが主催するキャンペーン、#SwissTechの一環として開催されます。本キャンペーンの目的は、スイスが世界の投資家や外国企業にとって多くをもたらすことのできる先進的なハイテク国家だと知ってもらうことにあります。

Swisstech

Contact/連絡先
Mr. Michael Vogelsanger/鈴木恭子           
Science & Technology Office Tokyo       
tokyo.science@eda.admin.ch
Tel. +81-3-5449-8414
Tel. +41-58-480-85-56